そこが知りたい!第三のビールの豆知識:原料

第三のビール

元々の大きな流れとしては、最初はビールだけがこの世界の商品だったのです。

ところが酒税法の改定などもあって、売上の伸びが鈍化してしまいました。

そのときビールの製造メーカーが何とか売上を伸ばしたい一心で、酒税法のビールに該当しないビール風のアルコール飲料として発泡酒を開発し、発売しました。

思惑通り、安いということもあって、ビールから発泡酒に移る人も増え、全体として売上を伸ばしました。

すると今度は発泡酒にも税がたくさん掛けられるようになり、それではと第三のビールを開発し、登場させることになったのです。

第三のビールは、本来のビールや発泡酒とは異なる原料で、また異なる製法で作ったアルコール飲料となっています。

もちろん味はビール風味であることから第三という名称になっているわけです。

まず酒税法の関係ですが、水やホップを除いた原料における麦芽の使用率が3分の2以上ないとビールと言う名称にはなりません。

そこに達しない麦芽使用料のものは発泡酒ということになります。

そして第三のビールは、原料に麦芽を使用しないもの、または発泡酒に他のアルコール飲料を混ぜて酒税法上のリキュールに該当したものと定義されています。

エンドウ

最初に登場したものは、麦芽の代わりにエンドウのたんぱく質を使ったものでした。

その後、大豆のたんぱく質を使ったもの、トウモロコシを使ったものなどが登場してきます。

サトウキビも対象となっていたのですが、今は使っているメーカーはないとされています。

その他にホップ、糖類、カラメル、酵母エキス、香味料なども使われています。

いずれにしても、こうなると消費者がうまいと思える味に仕上げることが肝要になるので、メーカーとしては様々なチャレンジをして、商品開発を進めるわけです。

極端な言い方をすれば、いかにビール味に近づけるかが勝負の分かれ道で、そのために人工的な手を様々に施しているアルコール飲料だということになります。

低価格、糖質0、プリン体0

でも、一番良いのは、とにかく低価格でビール風味を味わえることであり、二番目に良いのはプリン体をなくすこともできるし、糖分を含ませないこともできるという点です。

プリン体は、穀物、肉、魚、野菜などに含まれている成分ですが、摂りすぎると身体に悪いとされているものです。

ビールや発泡酒はこれを避けるのが難しいとされていましたが、第三のビールであれば、「0」にして、他の原料で味を調えるということができるというわけです。

そして、糖質「0」というようなことも可能です。

ただ、第三のビールは人工的な甘味料や様々な添加物が使われるということもあります。

ですので、健康のことを意識するのであれば、成分表示をきちんと確認して、買い求め、飲むということが必要になります。

ちなみに、糖質「0」という表示ですが、完全に「0」でないこともある点を承知しておく必要があります。

消費者庁が定めている栄養素の表示基準は、100ミリリットルあたり、0.5グラム未満であれば「0」と表記できるということになっているからです。

5か月前