傘寿のお祝いにプリザーブドフラワーギフトはいかがですか

傘

傘寿とは80歳になったことを祝うもので、日本には昔から長寿をお祝いする文化が根付いています。

60歳を迎えれば還暦、70歳は古希、77歳は喜寿といって節目で特別な呼び名が与えられていました。

これらの言葉が生まれた時代は50歳を迎えれば人生を謳歌したとも考えられていて、60歳を迎えるのはかなりすごいことだと考えられていたわけです。

そこからさらに70歳というのはかなりの長寿と考えられて、77歳は奇跡と言っても良かったのかもしれません。

寿命が延びている現在では、80歳を迎えるのはそれほど珍しくはなくなっていますが、それでもめでたい気持ちに変わりはありません。

祝える状態にあるというのは、元気に生活していると考えることができるはずです。

傘寿のお祝いの由来は、傘の文字を略字にして縦書きすると八十に見えるからという説や、傘が広がる様子を末広がりに例えたなどの説が有力ですが、実は詳しい出典は分かっていません。

近年になって喜寿が珍しいものではなくなり、祝いの日を作ることになり、その時に喜寿から寿の文字をとって作られたと考えられています。

どのような理由があるにしても80歳を迎えるのというのはめでたく、この時にギフトを考えるのは自然です。

ただ80歳になってくると、何をプレゼントしたらいいのか分からないといった場合も多く、飲み物や菓子は人によっては健康に害がある場合がありますし、物も好みがあるので選択が難しくなります。

趣味や好みを知っている場合はいいですが、普段はあまり付き合いがない時など悩んでしまうケースが多いです。

プリザーブドフラワー

そういった人におすすめなのが「プリザーブドフラワー」になり、これは特殊な薬剤につけた花で、生花の美しさをそのまま長く保つことができます。

お祝いに花は良く選ばれるものですが、生花の美しさは素晴らしいものですが、その状態を保つためには毎日の手入れが必要です。

80歳を迎えると人によっては体が不自由になることもあり、花の手入れができない、場合によっては花瓶を置いておくと危険だと考えられます。

そこでプリザーブドフラワーがおすすめになってきて、特殊な薬剤につけることによって、生花の美しさをそのまま長く保つことが出来ます。

手入れが必要なくなり、花粉や虫の心配もありません。そういったメリットからギフトとして人気が高くなってきて、特に女性はもらって嬉しいプレゼントです。

プリザーブドフラワー

花というのは一瞬の美しさを楽しむものですが、贈り物として受け取ったものは長く楽しみたいと考えます。

そういった願いが叶ったのがプリザーブドフラワーで、生花の美しさをそのままの状態で維持することができるので魅力的です。

手入れも不要となり、飾っておくだけで良いのでギフトとして選ばれやすく、おすすめとなっています。

傘寿のお祝いの品として相手の迷惑や危険にならず、純粋に美しさを長く気楽に楽しむことが出来ますので、迷った時に選んでください。

 

傘寿のおすすめ記事→傘寿希祝いの基礎知識

5か月前