退職祝いを年上の女性に贈るときの注意点

会社の社員

転職や定年退職といったシチュエーションの際に、これまでお世話になったり良くしてもらったことに対して「ありがとう」という感謝の気持ちを相手に伝えるために贈る退職祝いですが、贈る相手が自分より年上の女性であった場合、どのような点に注意しながら品物を選ぶと喜んでもらえるのでしょう。

これに関しては退職祝いを渡す側が男性なのか、それとも女性なのかによっても異なります。

男性が年上の女性に贈り物をするのであれば、過度に相手の趣味を考慮しすぎないことがポイントです。

異性から渡される贈り物というのは男性であっても女性であっても、特別な意味を勘ぐってしまうもの。

たとえその贈り物が退職祝いのための物だとしても、その後も気持ちの良い付き合いが出来るよう、この点には十分注意したいものです。

かと言って、自分の趣味を押し付けるのもよくありません。

男性の場合ですと、機能性に優れた日常生活でも良く使うものなどと考えてしまいがちですが、女性は基本的に見た目重視の可愛い物やお洒落な物・流行りの物を好む傾向にありますから、贈り物を選ぶ際に訪れたお店の店員さんに素直にそのまま相談してみると良いかも知れません。

相談するのが苦手ならば、少々ありきたりですがバスボムや入浴剤というようなお風呂で使うグッズを選べば当たり障りありませんし、相手もそれなりに喜んでくれることでしょう。

疑問

渡す側が同性である女性の場合は、相手の好きな物や趣味に関係する物・今現在ハマっている物などをリサーチして、それらを予算内で選ぶのが一番です。

同棲だからこそ気が使えて同然と思っている人も少なくありませんし、やはり退職祝いをもらう側としても同性にはなんだかんだで厳しい目になってしまいがちですから、気を抜いた贈り物選びだけはしないよう注意しましょう。

常日頃から相手がどのような物を好むのかということや何を欲しているのかについて調べておくと、いざという時に困りません。

お世話になっている人や良くしてもらった覚えのある人なら尚更、リサーチは入念に行い、本人が心から喜べるものを送るよう心掛けましょう。

大勢で集まって退職祝いを渡すのであれば、皆で話し合って生活に役立つ便利グッズなどの詰め合わせを贈っても喜ばれます。

ダメ

この場合に気を付けたいのは、あまりデリカシーの無い品物は選ばないことです。

生活に役立つからといって洗濯洗剤や食器用洗剤などの生活に密着した品を贈っても困ってしまいますから、生活に役立つけれど自分であえて購入しようとは思わない少し特別なアイテムを選ぶことをおすすめします。

また、年上ということはある程度色々なブランドも把握済みであり日常生活でもそれなりのレベル・ブランドの物を愛用しているケースがほとんどなので、安物の贈り物は避けましょう。

品数が少なくなってしまったとしてもある程度名の知れ渡っているブランドの物やセンスの良い高級感のある品物を送った方が、断然もらう側は嬉しく感じるものです。

 

関連するおすすめ記事→職場の部下から感動の退職祝いサプライズ

8か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です