知っておくべき!退職祝いの品物の選び方とマナー

選び方とマナー

お世話になった上司や先輩が退職する場合、退職祝いを渡します。気持ちよくお祝いするにはプレゼントの選び方とマナーが大切です。

上司や先輩の退職が決まったら、1週間から2週間以内にお祝いを贈るようにスケジュールを立てます。

送別会で退職祝いを渡すのが一般的ですが、仕事でお世話になっている場合は個人で贈っても問題はないです。

退職祝いではお金を渡すのはマナー違反になるので注意が必要です。目上の人に靴や靴下、履物など下の部位に使う製品をプレゼントするのもマナー違反です。

退職した後に新しい生活を送る人も多いので、退職のお祝いを選ぶ時は退職後のことも考えて選ぶと喜ばれます。

趣味がある人であれば、趣味に関するプレゼントを贈っても喜ばれます。

30代の男性であれば、ビジネスで利用できる高級な万年筆や革製品の人気が高いです。40代以降になると健康に関するものや高級菓子も人気です。

上司や先輩が女性であれば、キッチンで使うものや高級なお茶、お菓子が喜ばれます。

妊娠をきっかけに退職する女性に対しては、カフェイン入りのお茶ではなくノンカフェインのお茶を贈ります。

新しい人生の門出なので、割れるものは避けます。

フラワーギフト

年配の人で園芸や花が好きな人であれば、フラワーギフトも喜ばれます。

最近はインターネット上でフラワーギフトを選ぶことができるショップが増え、贈り物をするのにとても便利です。

直接渡す場合は、パソコンで注文しておいてフラワーショップで当日受け取ることも可能です。

フラワーショップの中には花束にワインやクラフトビール、小物を添えたフラワーギフトを販売している店もあります。

日本で昔から知られる高級菓子店のお菓子とフラワーギフトのセットも好評です。

退職後は自由な時間が増えるので、鉢植えでは胡蝶蘭の人気が高いです。胡蝶蘭は高級感があり長持ちするため贈り物には最適です。

フラワーギフトを贈る場合は、木札を付けるのが一般的です。木札にはお祝いの言葉と贈り主の名を書きます。

フラワーギフトにメッセージを添える場合は、否定的な表現は避けて明るいメッセージを添えることが大事です。

品物

のし紙の水引は紅白の花結びが基本です。表書きはシンプルに御祝と書き、水引の結び目の中央下あたりに表書きよりも小さめに姓名を書いておきます。

親しかった上司や先輩であれば、好みもわかっていることが多いです。一般的に人気がある贈り物でなく好きなものを贈った方が喜ばれることがあります。

できれば退職祝いの食事の席などで直接渡した方が気持ちが伝わります。口に出すのが恥ずかしい場合は、贈り物に感謝のメッセージを添えます。

会社によっては送別会を行わず、お祝いの品物などを用意しないところもあります。

そのような場合は、同じように上司や先輩にお世話になった人を集めてプレゼントを贈ります。

贈り物を用意していない人もいるため、職場で渡すのは避けてお茶会や食事会を催して最後に感謝を込めて渡します。

 

参考になる記事はこちら

退職祝いで喜ばれるプレゼントとタブーなプレゼントとは?選ぶポイントや知っておきたいマナー

9か月前