母親の米寿祝いにピッタリなプレゼント5選

母親

米寿といえば、歳祝いとして88歳のお祝いをする習慣があります。

還暦の方は赤いちゃんちゃんこを着用するように米寿では金色か黄色か、金茶色のちゃんちゃんこを着用してお祝いをするご家庭も少なくありません。

特に大切なお母様への米寿お祝いとして、プレゼントを贈りたいと思っている方はとても多いですが、何をおくったら良いのかわからないと悩んでしまう方はたくさんいらっしゃいます。

スカーフ

そこでおすすめの米寿の女性に向けたプレゼントが、「金色、黄色、金茶色などのストール」です。

米寿はちゃんちゃんこを着用する習慣がありますが、女性によっては年齢を祝うのは年をとったように感じてしまう方も少なくないため、お祝いのカラーとして利用される金色、黄色、金茶色を利用したストールを贈る方法です。

ストールなら肌寒い時などにサッと首に巻くことが出来ますし、おしゃれなデザインや肌に優しい上品な素材を利用している物を利用することで、肌質を気にせずに気軽にファッションに取り入れることができます。

金色、黄色、金茶色が苦手という女性には、白地に金糸で刺繍がさり気なく入っているものなら夏の季節でも着こなしやすくなります。

次におすすめなのが「写真立て」です。

お祝いには家族全員が揃う事が多いので、家族との特別な写真をいれてお部屋に飾ることが出来る写真立ても喜ばれることが多いプレゼントの一つです。

特に普段家族が離れて暮らしている場合は、お新しく家族同士で撮った写真を一緒にいれて贈ることで、そのままお部屋に飾る事ができますしサプライズ的な演出もあるので喜ばれます。

特別な写真を撮りたい場合は、あえてプロの写真家さんに撮ってもらうサービスも一緒にプレゼントするのもおすすめです。

プリザーブドフラワー

手元に贈り物が残るものが良いという方は、「プリザーブドフラワー」がおすすめです。

生花に比べて長期間綺麗な状態を維持することが出来るメリットがあるので、枯れにくく綺麗な状態を保つことが出来る点が、年配の女性にも贈りやすい魅力があります。

また体調があまり良くない女性などは、お花のお世話をするのは億劫に感じてしまうことも珍しくありません。

プリザーブドフラワーなら、お花のお世話を一切する必要がない部分もプレゼントとして最適になっています。

最後におすすめするのが「お食事」です。

元気に外出が出来る方なら、料亭やホテルの豪華なディナーを予約して家族全員で食事をするのも手軽にお祝いの席を設けることが出来るので人気が高いです。

ただ88歳になると食事量もそこまで多くない方が増えるので、食事内容や量などを把握しておくことが重要になります。

また病院に通っている方などは、食事内容に制限がある可能性があるので、そのような場合はあえて外食をするよりもお母様のところに皆で集まり、お寿司や仕出し料理を頼んで自宅でお祝いをする方法もおすすめです。

外出をする必要がなく、年配の方も安心してゆっくり食事ができます。

4か月前