70歳のお酒好きの父親に何を贈るのが良いか

父親

お酒が大好きな方にとって喜ばしいプレゼントというと、やはり日本酒や焼酎などといった好みに合わせたアルコール類です。

古希を迎えた父へのプレゼントに選ばれるお酒の贈り物は、名入れ酒にするともっと家族全員が感動する特別感があるプレゼントに変貌します。

一番

名入れ酒に人気がある最も大きな理由として挙げられるのは、他にはない世界でただ1つの贈り物であることです。

お酒が好きな方にとって自分が好きなお酒に名入れを施すという独自性がある心遣いは非常に喜ばしく受け取ったときのインパクトも大きなものとなります。

またお酒を普通にプレゼントするときよりも喜んでもらいやすいというメリットがある上に割合割安な値段で買うことができるということも選ばれる理由の1つとなっているのです。

古希を迎えた父へのプレゼントをする側としても経済的にあまり負担がかからないというのがメリットになります。

その上に本来であれば、お酒は飲んでしまえば形に残らないものになってしまいますがオリジナリティがある名入れラベルが貼り付けられたボトルは、もったいないからという理由で手元に残しておく人がたくさんいるのです。

リビングに飾ったり記念写真を撮影したりと思い出の品物としていつまでも取って置いて貰える贈り物になります。

名入れ酒をプレゼントするときには古希を迎えた父が最も好むお酒の種類にすると後でがっかりされてしまうのを避けることが可能です。

お酒

逆に、いつもはあまり飲む機会がないお酒を選んでみるというのも贈り物ならではの楽しみとなります。

こういったときには、あまり普段は飲まないがプレゼントされたら飲んでみたいを感じられる種類のお酒を選ぶことが必要です。

せっかく贈るのですから嫌いな味で飲むことができないといったことを避けるために甘口、辛口などの好みは合わせておく必要があります。

そして、品物の見た目などにこだわりがありそうな父親のときには、名入れが英字で施されているラベルも人気となっているのです。

お洒落でスタイリッシュなボトルを贈ることによって喜ばれるプレゼントになります。

お金

名入れ酒の販売価格の相場は金額の幅が広く、安いお酒は1千円から5千円ぐらいなので予算が1万円以下でも贈ることが可能です。

割合割安な価格帯になっているので若い年代の孫でも古希の祖父にプレゼントしやすいのが特徴になります。

そして値段が高いお酒は2万円から3万円ぐらいで買うことが可能で古希のお祝いに、ある程度の年代の息子や娘が贈るのに最適です。

古希を迎えた父へのプレゼントには、割合高めの高級感がある名入れ酒を贈ると家族全員が感動します。

日本酒が大好きな父に贈るときに選びたいのが味わいは深く美味しい日本酒の名入れ酒です。

ボトル自体に彫刻を彫ったエッチングボトルやオリジナルのラベルを貼り付けたお酒が主流になっています。

和風なデザインも魅力の1つで、高級感がある大人向けのプレゼントとなっているのです。

 

合わせて類似するおすすめの記事→酒好きな父への古希祝い

3か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です