キリスト教式結婚式とは

新郎新婦

キリスト教式結婚式というと、教会やチャペルで挙げている式の事と考えている人が多いですが、実際はそんなに簡単な事ではないです。

キリスト教式結婚式といっても、カトリックとプロテスタントのタイプに分かれています。

もちろんどちらもキリスト教なので信じているのはイエス様で、結婚式の進行プログラムに大差はないですが、カトリック式は基本的に夫婦そろって信者か、どちらかがキリスト教信者の人だけが出来るスタイルです。

一方プロテスタント式は誰でも気軽に教会やチャペルで式を挙げる事が出来ます。

カトリック式はきちんとした本物の教会で式を行いますが、プロテスタント式はホテルや結婚式場のチャペルで行ったりするので宗派などは関係ありません。

さらにもう少し詳しく見ていくと、カトリックでは新婦様と呼んでいるのに対して、プロテスタントでは牧師様と呼んでいます。

カトリックは再婚者の式は基本的に認められませんが、プロテスタントの場合はあまり関係ないです。

つまり日本国内で行われているキリスト教式の結婚式はほとんどがプロテスタントタイプという事です。

その為、キリスト教信者でなくても気軽に式を挙げる事が出来ます。

チャペル

ではこのキリスト教式結婚式の全体の流れはどうなっているかというと、まず新郎と新婦が入場する前に家族や友人、親戚などの参列者が先に入場します。

正面から見て右側が新郎、左側が新婦の関係者の席です。

席の順番は基本的に前列ほど新郎新婦との関係性が近い人が座ります。

一番前の席から両親、兄弟、親戚、そして友人という順番になります。

この日の主役は新郎新婦の二人なので参列者はなるべく服装を控えめにするのがマナーです。

新婦よりも目立つ衣装を着ている人もいますがこれはマナー違反です。

参列者が席に着いたら牧師様が開式を宣言して、介添人と共に新郎が入場します。

バージンロードを歩く新婦と父

次に新婦が父親と腕を組みながらバージンロードを歩いてきます。

バージンロードは特別な場所なので参列者は近づいて写真を撮ろうとして入ってはいけません。

教会の多くは入れないようにロープがついていますが、ない場合でも入って良い訳ではないので参列者は注意が必要です。

こうして新郎新婦の二人がそろったら全員で賛美歌の斉唱です。

賛美歌の斉唱が終わると牧師様が聖書を開き、朗読を行い神様に祈りを捧げます。

そして結婚式でももっとも大切な結婚の制約を行います。

指輪の交換

牧師様が新郎新婦の二人に結婚の制約を問いかけ、二人が誓いを示したら、指輪の交換です。

指輪の交換が終わり、お祈りを捧げて晴れて二人が夫婦になった事が宣言され、結婚証書を書きます。

これで式は終わり、夫婦になった二人は参列者の中を見送られながら退場し挙式会場を後にします。

これがキリスト教式結婚式の大きな流れです。もちろん本番の前にリハーサルがあるのでそれほど心配する必要もありません。

式場を出る時も外で新郎新婦は参列者から花びらをまいてお祝いするフラワーシャワーというものもあります。

これには花の香りで災難から新郎新婦を守るという意味が込められています。

その後に花嫁が参列者のゲストに向かってブーケを投げるブーケトスも結婚式での定番です。

4か月前